新型コロナウイルス対策「はり治療・刺絡治療における消毒・滅菌について」

  • 2020.03.25 Wednesday
  • 08:00

 

Ten治療院では皆さまに安心してご来院頂けるよう、新型コロナウイルスに対する対策に取り組んでおります。

 

まずは、はり治療・刺絡治療に関連する衛生管理の取り組みについてお伝えいたしましょう。

 

 

消毒と滅菌の違い


 
当院では、はり治療・刺絡治療で使用する器具には【高圧蒸気滅菌器・オートクレーブ】を導入して、徹底した衛生管理法を行っています。
 
 
一般的によく目にする「消毒」とは、微生物の数を減らすことであって全てを殺滅することではありませんが、当院では【高圧蒸気滅菌器・オートクレーブ】の導入で全ての微生物を殺滅できる【滅菌】にて施術に用いる器具の洗浄に努めています。
 
 
非常に耐久性の強い芽胞の状態の細菌を死滅させるには、約2気圧で121℃・20分の加熱を必要とします。
当院ではより慎重に、約2気圧で132℃・20分の加熱を行う処理法で、万全の対策済みです。

 

 

器具の洗浄も慎重に

 

 

しかし、はり治療・刺絡治療で使用済みの器具には血液や体液が付着しており、そのまま滅菌器に入れることはできません。

 

そのため器具の洗浄には、血液や体液の汚れを強力に分解・除去する除菌処理が必要となります。

 

血液や体液が乾燥することでウイルスなどの濃縮を防ぐため、使用後はすぐに水洗いし、その後に酵素系浸漬洗浄除菌剤を使用して40℃程度の温水にて30分以上浸漬するという、手間をかけた洗浄を行なっています。
 
従来の洗浄除菌剤には、血液や体液による汚れに対して洗浄効果は期待できずにかえって汚れを固着させることから、
 
当院では、その問題点を逃さずに対策を図り、ヨーロッパ標準法であるEN13727およびEN13624の不潔条件において有効レベルの洗浄除菌剤を使用。
 
さらにその後は、厚生労働省が新型コロナウイルスに対する注意事項にて推奨している次亜塩素酸ナトリウムによる消毒も併せて行なっています。

 

 

使用前にはエタノール消毒を

 


こうして、慎重に洗浄・滅菌された器具を使用する際には、新型コロナウイルスに有効とされるエタノール消毒を行い、患者様の皮膚に触れる直前まで清潔が維持されるようにしています。
 
また、はり治療にて使用する針に関しては、エチレンオキサイドガス滅菌(EOG)にて滅菌後、生物学的インジケーターの培養試験を行って無菌状態を確認した針を使用。

 

使い捨て(ディスポーザブル)のため、新型コロナウイルスのみでなくHIVウイルスなど血液を介する感染症の心配もございません。
 
次回は、院内環境についての衛生管理をお伝えします。

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

ウイルスを引き寄せない心の在り方

  • 2020.03.14 Saturday
  • 08:00

 

新型コロナウイルスによる自粛の要請は、旅行・イベント・習い事など、楽しみにしていたことが次々と予定変更になっていくことで意気消沈してしまうことが多いのではないでしょうか。

 
コロナウイルスという目に見えない脅威が、それまでの目に見える物質的なものだけ「確かなもの」とする固定観念から、見えない存在も確かなものとして認識する人々が、騒動を機に増えているように感じます。
 


アーユルヴェーダの原則とは
 

 

アーユルヴェーダとは、肉体という物質だけが治療の対象ではなく、見ることが出来ない心や精神も重んじます。
 
そのため当院の施術は、脈診や腹部の触診から抱えている感情を診たり、又は、肉体的な問題のある箇所から心の状態を推測して、

 

〈身体=見える〉〈心=見えない〉を表裏一体とした密接に関わり合っていることを大前提としたアーユルヴェーダ・はり治療です。
 

また、アーユルヴェーダでは「似たものが似たものを引き寄せる」という原則があります。

 
コロナウイルスは健康だけでなく場合によっては命までも奪ってしまうため、人々がコロナウイルスを過剰に恐れる気持ちは、ネガティブなエネルギーを持つウイルスを引き寄せてしまいますので、

不安を募らせたり、過剰に恐れるような、心の状態を脱却させるためにも、身体と心をほぐして立て直していきましょう。

 
 
心の在り方で変わる世界

 


もうすぐ春分を迎えます。
 
自然界は陽気が増して、患者さまのお身体の様子からも、春の陽気が立ち昇ってきているのを感じます。
 
この自然の流れと共に、陽気で楽しい世界に心を満たしていくか?又は不安と恐怖の世界に流されていくのか?どちらを選ぶのかは、あなた次第です。
 
ネガティブなウイルスを跳ね返せるよう、軽やかで明るい心に切り替えるためには、毒素排出・デトックスによるメンテナンスが最適です。
 
Ten治療院では、アーユルヴェーダや東洋医学によって、ウイルスに負けない条件の免疫力を高めていく施術を提供しています。

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

「安心」という特効薬

  • 2020.03.01 Sunday
  • 08:00

 

現在、世界中の人々を恐怖や不安に陥らせている新型コロナウイルス問題は、人々の身体だけでなく心も大きく乱す要因となっています。

 

もしも、今あなたが目に見えないウイルスへの恐怖に怯えているならば、『心の免疫力=サットヴァ』を高めましょう。

 

心と身体は密接に繋がっています。

 

心の免疫力・サットヴァを高めることは、つまりは身体の免疫力を高めることになり、表裏一体の関係です。

 

今の私たちに必要なことは、サットヴァに満ちたものに触れることです。


心地良い音楽・香り、そして新鮮で質の良い食事を楽しむなど・・・

 

アーユルヴェーダ では、真逆の性質のものを与える〈暑ければ冷ます〉〈乾いているなら潤わせる〉というような治療原則があります。

 

不安や恐怖が蔓延している時にこそ、心に「安心を与える」ことが一番の妙薬となります。

 

 

命を守るために必要なこと

 

 

安心させる方法とは何でしょうか?


マスクをしていても、防護服を着ていても、新型コロナウイルスは感染するといった報道からはどんなに気をつけていても、日常の中で感染を防ぐには限界があるのではないでしょうか?

 

だからこそ、私たちは自分自身の免疫能力を正常に働かせることが大切です。

 

『身体の免疫力=オージャス』に満ちている状態でいることが『命を守る手段』であると、アーユルヴェーダでは説いています。

 

オージャスを高めるケアを得意とするのが、当院のアーユルヴェーダ や東洋医学・はり治療です。

 

 

免疫システムの乱れを正常化

 

 

たとえば、これから悩まされる人が増える「花粉症」は、ひとの免疫システムが花粉に対して過剰に反応しすぎることで起こります。


一方で「風邪」は免疫が低下することで菌やウイルスの侵入を許してしまいます。

 

過剰に働きすぎるのも良くないし、働かないのも良くありません。

 

重要なことは、様々な状況に応じて反応する免疫システムの乱れを正常化させることであって、免疫力を目指すだけでは足りない気がします。


それぞれの症状の回復には免疫力の正常化がカギとなり、アーユルヴェーダとハリ治療のアプローチで免疫力の向上が期待できます。

 

 

<当院の施術>


・はり治療や温熱刺激で身体を刺激してあえて免疫を活性化させる


・免疫システムを鈍らせる体内毒素をデトックスする


・アーユルヴェーダ・オイルマッサージで血液・リンパを身体の隅々まで行き渡らせて免疫細胞が活躍できるようにする

 

 

<当院の患者さまの声>

 

・ケアを受けているうちに心身共に変化を実感して毎年必ず罹っていた風邪をひかなくなった。


・基礎体温が上がって冷えがなくなった。


・気分良く毎日が過ごせる。


・相手のネガティブな言葉に引っ掛からなくなり、気持ちが楽になった

 

 

『心の免疫力=サットヴァ』と『身体の免疫力=オージャス』に満ちた自分自身になることが、どんな病気も寄せ付けない条件となります。

 

こんな時期には自分を安心させるケアを受けて、不安や恐怖を積極的に手放していきましょう!

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

 

アーユルヴェーダ・はり治療でメンテナンスをして、セルフケアで維持する

  • 2020.02.23 Sunday
  • 08:00

 

お食事に気を付けたり、入浴前にセルフ・オイルマッサージを行ったりするのは、自分自身を大切に扱う素敵な行動です。
 
しかし、どんなにセルフケアを頑張っても身体が重い・肩が痛い・自律神経が乱れている・冷え性が気になる人は、まずは不調を改善するために治療を受けましょう。

 

 
セルフケアでは足りないこと
 


*入浴前のセルフ・オイルマッサージを実践されているA様のケース
 
A様は、入浴する前に丁寧なオイルケアをするのが毎日の日課でした。

 

しかし、背中・腰が辛く、熟睡できないお悩みを抱えていた事で、当院のアーユルヴェーダ・はり治療を求めて来院されました。
 
セルフケアを毎日熱心に行ってきても、ご自身では手の届かないのが背中。

 

当院でのアビヤンガ・オイルマッサージ中に症状の原因の一つを背中から察知しました。
 
背骨を支える筋肉が血液の栄養を受け取れずゴリゴリと乾燥して、毛細血管が鬱血して浮き出ていたのです。

これは背中に毒素が詰まり込んでいる状態。
 
自己のセルフケアでは解決しきれない問題の一つです。
 
 

刺絡治療は免疫力を高める手段

 

 

Ten治療院では、体質改善やそれぞれのお悩みを根本的に立て直す為の特別プログラムがありますが、特別プログラムを終了されても定期的にケアを受けに来られる方々は「本格的なケア」を定期的に取り入れる良さを実感して頂いているようです。
 
特に手の届かない背中は、最もオイルを必要とする場所。

 

皮膚のすぐ下にある背骨、その中を脳から内臓・手足末端まで伸びていく神経の束、筋肉・靭帯そして身体の背面に流れるエネルギー、これらを良質なオイルで滋養することは、身体全体に良い影響を与えていきます。

 

当院では背中をオイルマッサージした後に、特殊なはり治療『刺絡治療』を施すテクニックによって、細かく入り組んだ血管に詰まり込んだ毒素を取り去り、通行止め状態だった血流を再開させていきます。

 

このような具体的な処置は、身体の持つ本来の力である自己治癒力・免疫システムを活性化させていくのです。
 

 
セルフケアの効果をさらに生かすために
 


毎日毎日お部屋の掃除をしていても塵が溜まるように、人も生きている以上は心身へのダメージは不可避です。

 

どんなに食事内容に気を付けていても、食事のタイミングによって胃腸の働きが低下してしまったり、石油系添加物などの入った食品を食べてしまうなど、体内に毒素は溜まっていくことを避けることはとても難しい。

 

さらに精神的緊張・ストレス状態が加われば、血管が収縮して血流が悪くなり、血管に毒素が詰まりやすくなるのです。

 

不調を抱えていたりストレス環境にいる方は、根本的な心身の立て直しが必要です。

 

Ten治療院では、セルフケアが楽しくなるステップをお手伝いします。まずは、不調の改善にお越し下さい。

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

 

 

新型肺炎にはアーユルヴェーダ・東洋医学で免疫力を高めよう

  • 2020.02.09 Sunday
  • 08:00

 

新型コロナウイルスなど新型肺炎について、様々な情報が公開されています。
 
私達はこれから先、どのような対策で健康や命を守れば良いのか?

不安を募らせる一方ではなく、安心への材料を増やしていくことに目を向けていきませんか?

 
新型コロナウイルスに対して、インド政府は「アーユルヴェーダやホメオパシー」などといった、人と自然界との調和が基本概念にある医療を推奨すると発表がありました。
 
インドはアーユルヴェーダ伝統医学をこれまで5千年間脈々と継承し続けてきた国。
 
アーユルヴェーダを含む伝統医学の素晴らしさは、人々の『免疫力を高める』ことによって病気を治癒へと導く手立てが確立されていることです。

 

 

免疫力は邪魔者?
 


しかし、近年の日本の主流となっている西洋医学では、使用する薬の目的は免疫力を上げるものではありません。
 
たとえば発熱が起きた場合、発熱を抑える風邪薬を飲むことが一般的な習慣となっています。

 

しかし、本来の人間の体の働きとは、外から体内へウイルスが侵入てきた場合、発熱を起こすことで免疫システムを働かせてウイルスを退治する。

 

この正常な働きこそが、私たち人間の生命に仕組まれた命を守るためのシステムです。


身体がウイルスに応戦するため免疫システムを活性化させようと発熱していても、西洋薬の場合はその熱を無理やり下げるように作用します。
 
そのために熱は下がっても、退治されないウイルスが身体に停留することとなり、なかなか体調が回復しないという事が起こりえます。
 
西洋薬の力が必要なケースもあるでしょう。
 
しかし、薬は免疫を助けるためではなく、身体が自分を治そうとする免疫反応を押しとどめる事になるという視点も捉えましょう。

 

 

自らの免疫力が特効薬


 
アーユルヴェーダでは科学的なものは用いず、古代から天然の恵みの力を借りる療法です。

 

その代表的な「トゥルシー」ハーブは、抗ウイルス作用・抗炎症作用があり、同時に免疫力を高める作用がある奇跡のハーブとして重宝されてきました。
 
アーユルヴェーダの世界は、古くから今日まで大自然からの恵みの力を人に生かして、私たちの命を輝かせるためのシステムです。
 
ウイルスの感染源は特定できない程に感染力が強いといわれています。しかも感染した本人に症状が出るとも限らないという複雑さがあります。
 
このような状況の最中で、感染そのものを防ぐのにも限界があるのではないでしょうか。
 
だからこそ、何より頼りになるのは自身が持つ『自己免疫力』なのです。
 
自身の免疫力を低下させない身体作りの重要性が、今後さらに世の中の人々の意識に浸透していくこと
でしょう。

 

日頃からコツコツとケアをし、免疫力を低下させずに維持することが、何よりもの「安心」へと繋げていけます。

 

 

免疫力を発揮するために


 
Ten治療院では、アーユルヴェーダ・東洋医学の技を集結させて『免疫力を高める』ためのケアを得意としています。
 
たとえば、全身の免疫系の60%以上が集まる場所は腸です。

 

腸の働きを活性化させるに有効な、チネイザンやお灸治療。また、免疫細胞を正常に働かせる肝臓の機能を鍼治療でフォローもできます。

 

こうした身体への具体的なメンテナンスは免疫力を高めるための理想的な取り組みです。
 
また「脳」は、ウイルス侵入時に発熱させるように指令を出して免疫反応が協調して働けるようにする大切な働きを司っています。
 
当院では、免疫力向上のアプローチと共に、脳の働きも保たれるように脳アプローチに特化したYNSA(山元式新頭針療法)も加えたケアを確立しています。
 
アーユルヴェーダ・はり治療・お灸治療には、免疫力を高めるための優れた技があります。
 
これから先の複雑な時代も健康や命をどのようにして守っていくか?

『自己免疫力』が鍵です。
 
当院の多くのリピーターの方々は、それまで悩まされてきた複数の症状をアーユルヴェーダ・鍼灸治療で解決して、免疫力を低下させない維持のために定期的にメンテナンスを受けに来られています。
 
不安ではなく、安心を育てていきましょう。

 

 

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

ウイルス感染対策の知恵

  • 2020.02.01 Saturday
  • 08:00

 

今、新型コロナウイルス感染拡大への恐怖が人々の心を揺さぶっており、店頭ではマスクが飛ぶように売れて品薄状態のようです。
 
「何か良い対策はありますか?」「どんな薬を用意しておいた方がいいですか?」と聞かれたりもします。

 

インド政府は、この事態に対してアーユルヴェーダやホメオパシーによる治療を推奨する声明を発表しています。

 

現代医学による有効なワクチンがない今、伝統医学の持つ可能性に期待が寄せられているという、大きな流れを感じます。
 
コロナウイルスは、もともと風邪を引き起こすウイルスとして知られていますが、新型コロナウイルスには通常のウイルスとは異なる厄介な特徴があり、まだまだ検証が必要なようです。
 

 

東洋医学の薬の効き方

 


風邪の時に処方される漢方薬の一つ、麻黄湯。
 
この処方の中には、麻黄という生薬が入っていて、エフェドリンという成分が含まれていることで交感神経を興奮させて、気管支を広げて咳を楽にしたり、鼻水を和らげるなどの作用と同時に、

脳への覚醒作用もあるため頭が冴えて元気になったように感じる働きがあります。

 

辛い症状でうなされていても気持ちが元気になることは、ウイルスに打ち勝つために必要な作用なのかもしれません。
 

 

生き抜くために必要なこと


 
人々の免疫力が低下していると、これからの時代は感染症の問題から避けて生きる事は出来ません。


目には見えない物への不安感は非常に厄介な問題です。
 
その見えない闇に打ち克つ手段として、自己を「安心」させていくことが鍵。

 

むやみやたらとウイルスに対する恐怖を抱かないことが秘訣です。
 
そのためにも、自らの免疫力を高めるメンテナンス・未病対策といったケアの取り組みで、自分自身の心と体を安心させていくことが、ネガティブなエネルギーの塊であるウイルスを寄せ付けないことに繋がります。
 
当院のケアは、アーユルヴェーダ・はり治療といった、これからの時代の荒波にも健康的に乗り越えていける手段です。

ご自身の心身を守る心強いケアとして取り入れてみては、如何でしょうか?

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

休んでも寝ても疲れが取れない・・・慢性疲労、どうしたらいい?

  • 2020.01.26 Sunday
  • 08:00

 

私たち日本人は、世界での評価はトップクラスの「疲れている国民」です。
 
睡眠時間の短さ、労働効率の低さなども世界で1位・2位の常連組。
 
2015 年には「労働安全衛生法」が改正されて、ストレスチェック制度が設置されましたが、現状が変わるにはまだまだ時間がかかるのではないでしょうか。
 
睡眠不足・慢性疲労は、仕事中に集中力が途切れてしまい、
それでも仕事に追われ続ける人々は、追い込まれていくことで、ストレスを一人で抱え込む状況となります。
 
現役世代の人々が陥っている慢性疲労状態は、終わりのないマラソンのようです。
 
どこでマッサージを受けても心底の疲れが抜けない、どれだけ疲れていても質の良い睡眠が摂れない。


そのような慢性疲労・頭痛や腰痛・肩凝りなどにも悩まされている場合、心身共に楽になるにはどうしたら良いのでしょうか?
 


マッサージだけでは解消しきれない疲労への改善方法
 


当院は、心身を酷使し続けることによる慢性疲労の「根元」に着目したケアを行っています。
 
身体も心も疲れ切ったときには、肩や腰が辛いなど肉体の疲労だけではありません。

実は「内臓」も同じように疲労困憊しています。
 
たとえば、胃腸の働きの低下が伴い、消化が悪くなって発生する未消化物。


その未消化物が、血液に乗って全身に運ばれてしまうことで蓄積されていき、身体のあちこちの働きを曇らせていきます。
 
肝臓や腎臓などに影響すれば、毒素の解毒能力及び排出能力の低下が起こっていくことで、さらに毒素が体内に溜まりやすい傾向となり、こうした未消化物を含む体内毒素は血液を汚していく。


汚れた血液はドロドロ状の塊となって血流を悪化させて腰痛・肩凝り・頭痛・生理痛・生理不順・冷え性など様々な症状を発症させてしまいます。
 
「疲労」による胃腸の働きの低下が、次第にこうした様々な症状を引き起こしていくとは、なかなか連想できない盲点です。

 

 

心と血流の関係


 
そして、血液の巡りは「心の状態」と密接に繋がっています。
 
嬉しいことがあると頬が赤くなる・怒ると血が上り顔が熱くなる・驚いた時にはドキドキして血の気が引いて寒くなるなど、見覚えのある場面が多くあると思います。
 
心にネガティブな感情があれば、それが血液の流れの悪化へと及びます。

 

心のわだかまりを解消することは、血流を良くすることにも繋がり、その逆も然り、血液のわだかまり=瘀血(毒素で固まった血液)を解消することで、心の状態がスッキリする。
 
「デトックス」「血液浄化」によって、それぞれの不調や慢性疲労・睡眠の質にも変化をもたらします。
 
当院のアーユルヴェーダ・はり治療は、徹底した全身アプローチでデトックスを推し進め、瘀血処置=血液浄化まで解決するメンテナンス。
 
体力・気力の回復・疲れた脳を養い、「本来の活力ある私」を取り戻していきましょう。
 
慢性疲労にはデトックス・血液浄化がおすすめです。

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

働き盛りの40代50代の若年性認知症へ先手を打つ対策を。アーユルヴェーダ&YNSA・はり治療

  • 2020.01.18 Saturday
  • 08:00

 

働き盛りの40代50代、すぐ名前が出てこないなどの「物忘れ」といった記憶力の低下への異変を感じ始めてはいませんか?


物忘れなどの脳の衰えもそのまま放置すれば進行していきますが、ケアをすることでその不安を和らげる、身体の不調と共に脳ケアも行える画期的な治療法があります。

 

65歳以下の人に発症する《若年性認知症》が年々増加が進んでいます。

 

物忘れの度合いとして、約束をしていた相手から当日に連絡を貰っても、約束したこと自体を忘れてしまっている。このような場合は、一度病院に相談されることをお勧めします。

 

しかし、指摘される事で「そうだった!」と気付けるレベルであれば、YNSAはり治療の技で改善へと導く手立てがあります。投薬に頼らない画期的な治療法です。

 

東洋医学では、女性の身体は7の倍数、男性の身体は8の倍数の年齢を節目に変化しいていくと考えます。

 

人の最盛期は男性は 8×4=32歳、女性は 7×4=28歳。この最盛期から身体機能は徐々に下降線をたどっていき、内臓や脳などの全身の細胞はこの時点から衰えていくと言われています。

 

最盛期の時点から現在のあなたの年齢までグラフに表した場合の下降線を<老化曲線>といいます。


認知症対策は、この老化曲線の下り坂を緩やかにしていけるケアでもあります。


 

東洋医学・アーユルヴェーダの認知症ケア



東洋医学では人間の生命力を「先天の精」と「後天の精」、アーユルヴェーダでは、この二つを合わせて「オージャス」と表現します。

 

人は赤ちゃんの時には、この持って生まれた生命力に満ちていますが、年齢を重ねるごとに少しずつ減少していきます。

 

生命力が十分だと身体も脳も正常に働きますが、足りないとそれぞれの機能がうまく働かずに、脳の場合は認知症のような症状が表れるということです。

 

このような捉え方は、東洋医学・アーユルヴェーダの特徴といえます。

 

「老化や認知症をケアするには、どうしたらいいのでしょうか?」


植物の根元に養分や水分を与えることで活き活きするように、人も同じ。

生命力を消耗するだけでなく充電する心掛けが、老化曲線の下り坂を緩やかにすることに繋がっていきます。


はり治療の刺激は<脳細胞を再生する>

 

最近では、日本国内よりも世界中で東洋医学・鍼灸治療への再認識や関心が高まっていて、中でも、はり治療による脳アプローチ・YNSAはり治療が注目されています。


また、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症など、現代医学ではコントロールしづらい病気に対しても、鍼灸治療によってコミュニケーション能力の向上や身体機能の改善などがみられるとの報告があります。

 

慢性疲労や肩こり・腰痛、冷え症などで当院へ治療に来られる方々からも、身体だけでなく脳の働きの低下に不安を訴えるケースは少なくありません。


「集中力がなくなってじっくり考える根気がなくなってきた」
 「物忘れが進み、徐々に仕事に影響を感じて不安感が募っている」

「記憶力低下と共に何事にも関心が低くなってきた」

「気持ちが塞ぎ込む事が多くなってきた」

 

などといったお悩みに対して、Ten治療院ではアーユルヴェーダによるお手入れでオージャス・生命力の底上げと共に、脳の働きを活性化させるYNSAはり治療の技を同時に加える施術によって、脳の働きの衰えに対するケアを行っています。

 

最近の研究では、鍼灸治療の刺激によって<脳細胞は再生する>という研究結果が出ています。

 

早い方だと20代から発症すると言われる若年性認知症。

身体と脳を同時に治療することは「若年性認知症に対して先手を打つ治療」となります。


ストレス社会の中で生きる、働き盛りの30代・40代・50代の方々、今のあなたは身体のケアだけで大丈夫ですか?

 

脳はあらゆる身体機能の司令塔です。

 

アーユルヴェーダとはり治療の融合は、「身体ケア+脳ケア」を可能にしました。

いつまでも自分自身で自由に生きられる将来に備える手段としての《将来の不安に先手を打つ》メンテナンスです。

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

ネガティブな気持ちをポジティブに変える特効薬

  • 2020.01.11 Saturday
  • 08:00

 

病気や症状を抱えていると、もっと大きな病気だったらどうしよう?という不透明な恐怖心を持っている方、


症状が起きていない時でも、いつまた症状が起こるかと不安感に常につきまとわれている方はいませんか?

 

このような「ネガティブな気持ちの悪循環」は、病気だけでなく人間関係や仕事などでも起こり得ることかと思います。

 

当院のポリシーは、病気を治すことだけを目指すのではなく、このようなメンタル的な悪循環も断ち切れるようなケアを心がけていくことにあります。

 

そのためにはまず、身体に抱えている重い足枷を外す必要があります。

 

足枷になっているものとはいったい何でしょうか?
また、それをどのようにして手放していけばいいのでしょうか?

 

 

デトックスで解放される身体と心

 

 

当院は複数の症状を抱えていても、体内毒素を排出させる「デトックス」法を徹底して行うことで、折りたたむように解決が可能。

 

なぜなら、アーユルヴェーダでは心身の不調や病いは、心身に蓄積された毒素によって引き起こされ

東洋医学では、体内循環の滞りの最たるもの・汚れた血液の塊が心身を犯していると考えます。

 

そこで、体内デトックスを行い血液浄化を図ることで、毒素や汚れた血液という重い足枷が徐々に外れていくのです。

 

体内を穢している毒素をデトックスして浄化させるアプローチで体力気力を蘇らせることは、心の奥底に隠れていた自分のポジティブな気持ちに再びスイッチを入れる「特効薬」となり、

 

こうして好循環のスイッチが押されると、病気を乗り越えようとする自らの力が湧き上がってくる。


それがTen治療院のアーユルヴェーダ・デトックス・血液浄化の取り組みです。

 

 

心身の不調でお悩みの方へ

 


複数の症状を抱えている方。

どこへ治療へいっても根本的な解決に繋がらずに悶々と悩んでいる方。

身体の不調に対して投薬でも手術でもなく自然療法を望む方。


当ホームページのレビューにて施術体験者の声が掲載されていますので、そのデトックス効果をご覧ください。

 

2020年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 


 

 

2019年・今年も一年ありがとうございました

  • 2019.12.30 Monday
  • 21:00

 

2019年もあと僅か。

 

今年初めてお越し頂いた方々、多くのリピーターの方々との触れ合いも一層深まった日々だった気がします。

 

Ten治療院の施術を通して、身体も心も変化して生きることが楽しくなってきたというご報告が、私の何よりの喜びです。

 

平成から令和に時代は移り変わり、言葉にできない大きな変化をひしひしと感じるこの頃。

 

新しい時代に必要なのは、この変化の波に乗っていける軽やかな身体と心・・・

 

これからも当院のアーユルヴェーダ・はり治療をお役立ていただきますよう、来年も気を引き締めて精進してまいります。

 

今年も一年ありがとうございました!!

 

 

 

<年末年始のお休み>

2019年12月31日〜2020年1月7日

 

ご予約・お問い合わせ・ご連絡等は、

1月8日以降に順次ご返信いたします。

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com