物忘れが多い。頭がボーっとする。これは、脳の消化力低下が原因かも?

  • 2019.10.21 Monday
  • 09:00

 

 
Ten治療院の特長は、お身体のケアと共に「脳ケア」が可能なことです。
 
いくらお身体に気を使っても、脳の働きが正常でなければ「脳から指令を受けて働く身体の機能」は混乱します。

 

また、脳の働きは精神作用にも大きく影響していることから、アーユルヴェーダの癒し効果の高いボディーアプローチと、YNSA(山元式新頭針療法)・はり治療による脳の働きを活性化させるお手入れは、
ストレス社会に生きる人々に定期的に受けて頂きたい理想的なメンテナンスとなります。
 
アーユルヴェーダでは、体内に溜め込んだ毒素のデトックスを行いますが、その前提として、胃腸の働きを低下させないことが重要です。
 
一般に、胃や腸の働きが衰えていると「消化力の低下」といわれますが、「脳」についてはどうでしょうか?


物忘れが多い、頭がボ〜っとする、人の名前がスムーズに出てこない・・・このような状態は「脳の消化力が低下している」サイン。
 
つまり、脳の消化力が低下することで起こる不調は、脳の消化力をアップさせることで解決できるのです。
 
 

「脳の消化力」とは?
 
 
自分の身の回りに起こる事や、耳にする・目にする情報を処理する力が「脳の消化力」です。
 
食後にお腹いっぱいの状態になると、それ以上はとても食べられなくなり、身体が重くなって動きが鈍くなるように、
脳も、ぼーっとするような反応で働きが鈍くなるのは、情報や考え事がいっぱいの状態の時です。
 
悶々と悩んだり、イライラしたりするなどの精神的ストレスは、常に脳を無理に働かせる要因となります。
 
そのまま無理をして脳を働かせていくと、電気の使いすぎでブレーカーが落ちてしまうように、脳の働きもブレーカーが落ちるように、正常な働きができなくなる。
 
それが慢性的になると、いわゆる認知症などの症状へと繋がっていきます。
 
 

ストレス社会に生きる人へ、脳ケア・脳活のすすめ

 

 

理想的な対策は<脳を休ませること>
 
脳を休めさせたくてもなかなか出来ない場合は、瞑想の実践が効果的です。


日頃のストレスフルな環境から離れて自然の中で過ごす、携帯やパソコンからも離れてリフレッシュできれば理想です。
 
しかし、思うような実践がなかなか難しいのが現状ではないでしょうか?
 
心身の疲労にも休暇を必要とするように、脳も時にはじゅうぶんに休ませる事が大切です。
 
Ten治療院では、アーユルヴェーダのアビヤンガ・オイルマッサージ中に「寝ているか起きているかがわからないくらい不思議な時間でした」というご感想をよく頂きます。
 
これは<変性意識>といって、実は瞑想と同じ状態であります。
 
たとえ1時間でも、このような変性意識にスイッチを切り替えることで、脳がリラックスできるのです。
 
このように、人の手を借りてスイッチを切り替えていくアビヤンガ・オイルマッサージや、脳の消化力を高めるための<YNSA・はり治療>、お顔から脳へ同時に働きかける特殊なアプローチは、

体も心も脳も、みんな疲れている方々に効果的な丸ごとケアです。
 
Ten治療院のアーユルヴェーダ・はり治療は、ストレス解消・体質改善・アンチエイジング・脳活をまとめて期待できる施術力に評価を頂いています。

 

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM