脳の老化は予防できる?脳のアンチエイジングとは

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 09:00

 

 

物忘れ、記憶力の衰えを感じ始めてはいませんか?

 

Ten治療院では、お身体の不調に対するケアだけではなく、同時に脳ケアまで含めた治療が人気です。
 
 40代・50代の年齢層の方々が、脳の衰えを実感した時に、将来への不安なリスクを軽減させるためにも、今から取り組んでいく「脳のアンチエイジング」
 
たとえば、高齢者における最も一般的な認知症のアルツハイマー病は、突発的に起こる症状ではありません。

 

脳の神経の成長と修復に欠かせない役割を果たしているタンパク質は、通常は役割を終えると分解されて処理されます。

 

しかしながら加齢とともにその処理がうまくできずβアミロイドと呼ばれる有害な老廃物となって脳に沈着してしまうのです。
 
すると、脳細胞を侵して物忘れ・記憶力低下・気力低下など、いわゆる認知症へと進行していく。

 

脳内にこの有害な老廃物=毒素をできるだけ定着させないように、脳のデトックスを行うことが大切なのです。
 
当院の治療の特長は、アーユルヴェーダのデトックスアプローチを生かして、体内に蓄積された毒素排出を促すことで様々な症状の改善へと繋げるケア。


しかし、いくら身体をケアしても身体の中枢を司る脳のデトックスが出来なければ、理想的なケアとは言えないと気付き「身体と脳を同時にケアする」治療を確立しました。
 
  

脳の老化を食い止めるために

 

 

年々増え続けている認知症患者数は2025年頃には65歳以上の5人に1人の割合で700万人を突破する予想です。

 

Ten治療院では、日々の臨床からアーユルヴェーダのシロダラーでは間に合わない現状が日本の背景にはあることを実感し、

リラクゼーション効果の高いボディーアプローチの中に、YNSA(山元式新頭針療法)による本格的な脳ケアを導入しました。
 
当院の施術はアーユルヴェーダ・ヘッドマッサージから開始しますが、頭のてっぺんにあるツボの百会の状態を確かめて、脳脊髄液や脳内の血流の確認も行います。

 

なぜなら、脳脊髄液の流れが悪いと脳の老廃物(毒素)は、脳脊髄液によって洗い流されずに蓄積されていくため、


脳の老化を食い止めるには、このような特殊なヘッドマッサージや、脳に直接アプローチできるYNSA(山元式新頭針療法)によって、脳に老廃物を停滞させないようなケアが有効的手段となります。

 

さらに、はり治療効果は脳内のセロトニンという物質を増やすという研究結果があります。


セロトニンが不足すると、無気力になり、集中力もなくなり、うつ病の発症などが起こります。


はり治療効果でセロトニン物質を増やしてストレスを緩和させ、気持ちを落ち着かせる効果を発揮させます。

 

 

YNSAの効果<頭皮の針治療>

 

 

脳は「様々な機能をコントロールする司令塔」

 

Ten治療院が導入しているYNSA(山元式新頭針療法)は、直接脳に働きかける画期的な治療法として世界で認められている優れた技です。

 

YNSA(山元式新頭針療法)でできることは、自律神経系や内分泌系など、生命維持のための様々な機能の調整を担う視床下部の血流が正常に保てるように調整したり、

 

大脳や小脳、各脳神経などにピンポイントに的を絞ったアプローチも可能なため、複数の症状を訴えられても一度の治療で対応できます。

 

脳を守るには不必要な物質を口から入れないことも心がけていきましょう。


投薬やサプリメントを飲む手当てを望まない方々にとって、これ以上理想的がケアはあるでしょうか?
 

働き盛りのストレス社会に生きる30代後半〜40代・50代の方々で、記憶力低下・物忘れが気になるなど、脳の働きに不安を抱えている方はお身体のケアだけではなく、脳のアンチエイジング効果の高いケアをぜひお勧めします。

 

 

 

<デトックスで症状改善・体質改善>

アーユルヴェーダ・マッサージ・はり治療

愛知県名古屋市千種区 Ten治療院

http://ayur-ten.com

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM